結婚のためならマンションだって売ります!

女性・50代・内勤業務10年

売るきっかけ

マンションを買ったのは30歳の時でした。
親元から離れて一人暮らしをすることにして、賃貸よりは将来資産にもなると考えて購入しました。
当時の価格で2500万円のマンションでした。

しかし、その後結婚することになりました。
結婚することは良かったのですが、私が専業主婦になり無収入になるため、マンションのローンがネックになってしまいました。
しかも私がローンある状態で結婚することは、彼の親御さんやまわりが良く思っていませんでした。
そのためマンションを売ってローンを清算してからの結婚をすることにしました。

親戚に相談する

私は、親戚に不動産売却の相談すると、住友系列の不動産会社を勧められました。
親戚は、そこの不動産会社を利用したことがあったので、担当者を紹介してくれました。

マンションを早く売りたかった

2DKの分譲マンションが1500万円で売れました。
マンションの金額に納得はしていませんでしたが、結婚話が流れてしまうのは嫌だったので、すぐに売りました。
私の人生がかかっていたため仕方ありませんでした。

ちなみに仲介手数料は40万円くらいでした。

結婚して思うこと

マンションを売って良かったことは、結婚のタイミングを逃さずに行動できたことです。
私に結婚前に大きな借金があるというのは、マイナスだったのです。
本格的に結婚へと話がすすんでいく前に処分することが出来て、反対されることもなくスムーズに進みました。
40万円くらいだったと思います。担当者の方にお任せして支払いました

今思っても金額に納得いかない

良くなかったことは、やはり金額です。
買った金額よりも売れた金額が少なくて、大きく損をしてしまいました。

その結果、母親に金銭的に助けてもらうことになってしまいました。
これに関しては、本当に感謝しています。

みなさんに一言

私は、マンションを買ってそれほど長い時間住まないうちに、環境が変わってしまい、売りに出すことになりました。
買いたくなった当時は、何かあれば売ればいいやと軽く考えてしまったのです。
先を見て判断しなければと思います。

不動産について

ページのトップへ戻る